最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク


大村の石塔、記念碑、石碑や碑文など
久保勘一先生の銅像
 久保勘一氏の人物紹介 掲載中
 概要紹介
 1)碑文内容について 掲載中
 2)大きさ、緯度経度など
掲載中
   緯度経度など
-
 3)------
-
   ------
-
 まとめ
準備中
・碑文関係用語解説集ページは、ここからご覧下さい。
掲載中
(写真1) 中央部:久保勘一先生の銅像 (大村市森園町、森園公園の北側、通称「空港入口」近くにある)
本碑の右横側で2本のソテツ間にあるのは、「長崎空港顕彰碑」である。
 注1:この碑の正式名称は、「久保勘一先生」である。普通、書籍やホームページ類で記念像などを紹介する場合、「銅像」とか「記念像」などを付ける方が分かりやすいので、上野も補足して書いている。

 注2:この銅像の正面向かって右横(空港側=西側)に、長崎空港顕彰碑がある。この碑と、今回の銅像と関係あるが、別ページに掲載予定である。

 
概要紹介


(この原稿は、準備中。しばらく、お待ちください)


久保勘一氏の人物紹介
 まず、次のページ内容が、分かりやすので紹介します。それは、「わたしたちの五島市」の「郷土出身の偉人たち、久保勘一」ページには、同氏の銅像写真とともに、次の<>内文章(青文字)が掲載されています。(なお、下記の「明治43年」は、西暦1910年、「昭和25年」は1950年、「昭和45年」は1970年、「昭和55年」は1980年である)

 
(写真2) 久保勘一先生の銅像
  明治43年9月25日、三井楽村浜ノ畔ごう(はまのくりごう)に生まれました。

 昭和25年県会議員せんきょで当選し、県議会議長もつとめました。その後、参議院議員せんきょに当選し、国会議員になりました。昭和45年参議院議員をやめ、長崎県知事に立候補(りっこうほ)、当選しました。12年の長い間、県の政治をとりしきり、世界初の海上空港(長崎空港)や平戸大橋のかんせい、り島道路・空路の整び、石油びちくなどに力をつくしました。

 旧三井楽町は、昭和55年町制40周年を記念して彼に「名誉(めいよ)町民賞」をおくり、その像をたてています。 


 上記内容とは、別に同氏の長崎県知事時代、長崎空港建設工事に関して大変尽力され、大きな功績があった方です。ですから、大村市内で空港入り口とも言われている森園公園の所にも、久保勘一氏銅像も建立されているのです。 (注:この「久保勘一氏と長崎空港建設」については、後の項目に詳細に紹介)

1)碑文内容について
 本像の下部の表面と、裏面にある碑文や写真は、下記の通りです。なお、表面・裏面の碑文は、上野が書き写して画像化しています。そのため、転記ミスなどもあるかもしれませんので、あくまでも参考程度に閲覧願います。念のため、もしも、引用、参照されるならば、必ず実物の碑文から、お願いします。

<表面(正面)の碑文>
表面碑文の活字化 表面(正面)の碑文写真 
 
(画像A) (写真3) 
 まずは、右側の実物の写真や、活字化の画像を参照願います。なお、揮毫(きごう)された氏名は、小さくて、しかもくずし文字であるため、上野の推測も含めて見たところ、活字画像のように見えています。

 なお、この本像を彫刻・制作された「白寿西望」のお名前は、長崎原爆の平和記念像を制作され全国でも有名な彫刻家・北村西望氏の号と思われます。
注:北村西望氏の人物紹介
北村西望(きたむら せいぼう)=[1884〜1987]彫刻家。長崎の生まれ。文展、帝展で活躍。男性裸像にすぐれ、長崎市原爆中心地の「平和祈念像」で有名。文化勲章受章。(デジタル大辞泉の解説より)


<裏面の碑文>
 裏面の碑文は、(写真4)でもお分かりの通り、黒御影石の加工石に草書体(縦文字)で彫られています。それを転記し活字化したのが、(画像B)です。
 (注:建立または揮毫(きごう)年の「昭和57」は西暦1982年)

 ここからは、上野の想像です。もう、この建立当時は、碑文を機械で彫る技術もあったかもしれません。しかし、この裏面碑文は、もしかしたら石工さんの手彫りではないかと見ています。

裏面碑文の活字化 裏面の碑文写真 
(画像B) (写真4) 
 何故かといいますと、それらを裏付けるのに草書体自体も可能性あるのですが、それ以上に機械彫りならば、一行の文字数揃えや句読点の関係などが、もっと出来たと推測できるからです。

 逆に言えば、揮毫
(きごう)された北村西望先生の直筆を忠実に、石工さんの技量にて彫られたと思えます。また、文章内容も記念碑の碑文という何かと制限の多い中で、久保勘一氏の功績を良くまとめておられるとの感想も持ちました。

 なお、この碑文
(活字化の画像含め)内容には、難解を極めるような漢字はないようです。そのようなことから今回、口語訳などは、していません。その点は、ご了承願います。

2)大きさ、緯度経度など
  
<(写真1〜4)を参照>この写真に久保勘一先生の銅像(碑文石もあり)は、当然、最上部の銅像(本体部)が主です。ただし、下部の黒色の台座その1、白色の台座その2、あるいは下部の土台部も、その造り含めて、なかなか立派なものです、

 そのため、他の例より、下表は一部において違う表記もしています。大きさや緯度経度は、下表2つを参考願います。数値未記入欄は、ご容赦願います。

久保勘一先生の銅像の大きさ

 全体  高さ:約2m5cm  -  -  -
 銅像(本体部)  高さ:57cm  横幅:54cm  胸部の周囲 約1m50cm 底部の厚さ(奥行)33cm
 台座その1  高さ:33cm  上部横幅:44cm  下部横幅:50.5cm 下部の周囲:約2m
 台座その2  高さ:8cm  横幅65cm  奥行き58cm. 周囲 約2m46cm
 土台  高さ:1m8cm  横幅:78cm  奥行き70cm
周囲約2m96cm

表面の碑文プレート:高さ35cm、横幅10.5cm、厚さ約5mm
裏面の碑文プレート:高さ63cm.、横幅51cm。厚さ1cm弱

大橋久保勘一先生の像の緯度経度(GPS実測値)
 名称:久保勘一先生の銅像  場所森園町、森園公園の北側 (通称「空港入り」近く))
 GPS実測値:北緯32度55分15.56秒 東経129度56分17.81秒
 (国土地理院)地図検索用 国土地理院の地図
 グーグルアース用数値:32°55'15.56"N,129°56'17.81"E  標高:m




久保勘一氏と長崎空港建設



 (この原稿は、現在、準備中。しばらく、お待ちください)



補足
 
 (この原稿は、現在、準備中。しばらく、お待ちください)


・関係ページ:箕島大橋の竣工記念碑」 「箕島(みしま)」 「がろう島」、「そうけ島」、「赤島天正遣欧少年使節顕彰之像」 

    、 
(初回掲
載日:2024年4月8日、第二次掲載日:5月2日、第三次掲載日:5月7日、第四次掲載日: 月 日、第五次掲載日 月 日、第六次掲載日: 月 日、第七次掲載日: 月 日)

大村の記念碑、石碑や碑文(目次ページ)へ戻る
大村の歴史個別ページ目次ページに戻る


最新情報 行事 福重紹介 仏の里 福小 あゆみ 名所旧跡 写真集 各町から 伝統芸能 産業 リンク